CONCEPT

Refresh.jpg

身体作りを楽しむ 

一夜にして太るわけではないですが、一夜にして痩せることもありません。身体作りを生活の一部になるような指導に心がけております。ダイエットを定期的なイベントにしない為の身体作りをご提案させて頂きます。身体が変わることは、体重が減る以上に、あなたを生き生きとさせてくれます。トレーニングが時には辛いと感じるかもしれませんが、全力で楽しめるものに変えてみせます。

「制限」ではなく「厳選」したものを 

食べたものがあなたの身体をつくります。あなたの身体を作りあげているものに、意識を向けて、生活習慣の見直していきましょう。制限すれば痩せるのは当たり前ですが、人生まで痩せてしまいます。美しくなる為には、美味しいものを食べることも必要です。何を選んで食べるかは自分次第です。個人にあった美しい身体になるための食事もご提案させていただきます。

健康的で機能的な美しい身体を 

ただやみくもにトレーニングして筋肉を増やしても理想のボディラインにはなりません。一人ひとりの姿勢、動き方のくせなどをしっかりと把握してトレーニングを行い、理想のボディラインを目指します。動きやすい機能的な身体と美しい姿勢が共に備わることがゴールとなります。一切妥協せず、皆さんの身体作りを全力でサポートさせていただきます。

 

”全てのお客様に心地よくトレーニングを楽しんでもらいたい”  ”お客様の健康のために心地よい刺激を与えたい”  ”お客様がキレイになるために自分を磨く贅沢な時間を提供したい”

Anchorはこの3つの想いを形にしたプライベートトレーニングスタジオです。

トレーナーがお客様とマンツーマンでトレーニングをご指導いたします。そのため、予約をした方だけがスタジオを一人でご利用できます。スポーツ選手や著名人も安心してご利用いただいております。

お客様個人のご要望やお体の状態、ト レーニング目的に合わせてトレーニングメニューを調整していきますので、確実にトレーニングの効果を上げていただくことができます。

一般的なスポーツジムとは違い、お客様と専属トレーナーだけでトレーニングスタジオをご利用いただけます。周りを気にすることなく、トレーナーとの意思疎通もスムーズかつ確なものになるため、充実したトレーニングを実感していただくことができます。

ボディワーク・トリートメント・ナチュラルフード・スキンケアを通して、

身体の内側、外側のバランスを整え、

その人らしく美しくあり続けるためのライフスタイルを提案します。

自分を磨く贅沢な時間をお過ごしください。

本当のキレイをあなたと。。。

代表・パーソナルトレーナー              

 和多 慶祐 Keisuke Wada           

略歴:          

2003年トレーナーを目指す専門学校に通いながら、フィットネスクラブインストラター、

サッカーコーチ、トレーナーとして活動を開始

2005年、20歳でトレーナーの国際ライセンス取得。その後、大学に通いながら約3年間

はたくさんの先輩方のもと、トレーナーとしての知識、技術習得に力を入れていました。

また、プロトレーナー足場作りとして国内外のサービスを体験、吸収。

2008年、23歳でフリーランスのパーソナルトレーナーとして独立。沢山のクライアント

と関わり、身体作りの難しさ、大切さを再確認。最初の2年間はさらなる技術向上のため、

勉強に費やしました。

2012年、フィットネスクラブでトレーナーとして活動して10年。初心者の方からアスリート

まで指導し続けたノウハウを活かし西東京市にパーソナルトレーニング専用スタジオを設立

2014年、より良いサービス、環境を提供するためパーソナルトレーニングスタジオAnchor設立

資格:              

全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)認定パーソナルトレーナー             

      ピラティスインストラクター                

   etc..                 


IMG_6161.jpg

パーソナルトレーナー

岡 遼太郎 Ryotaro Oka

略歴:

大学卒業後、日本医学柔整専門学校に入学。整骨院勤務しながら、勉学にはげみ、たくさんの経験と知識を身に着けました。接骨院では院長として6年間勤務し、年間6000人を超える患者様を診てきました。

その後、治療するだけでは根本からの解決にはならないと思い、身体の使い方や姿勢改善法などをもう一度しっかりと学び、医学的な知識とトレーニング法を生かしてトレーナーとして活動を始めました。

資格

柔道整復師

全米スポーツ医学協会(NASM)認定パフォーマンスエンハンスメントスペシャライゼーション


IMG_0137.JPG

 

 

パーソナルトレーナー

和多 由里 Yuri Wada

IMG_0069 3.JPG

略歴:

フィットネスクラブでトレーナーとして3年、その後順天堂大学医学部附属順天堂医院リハビリテーション室で理学療法士として6年勤務。大学病院では、年間200〜300症例に及ぶ、神経疾患、整形外科疾患などの患者さまに携わる。2児の母であり、妊娠、出産の経験と豊富な体の知識を活かして、産前や産後のママへのトレーニング、ボディケア、チャイルドボディセラピストとしてベビーマッサージ講習も行っています。

 

資格

理学療法士

チャイルドボディセラピスト1級 etc...

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。理学療法士は主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。中には専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。当スタジオトレーナーもプロスポーツ選手のリハビリやトレーニングに携わっております。

※理学療法士には開業権は与えられていません。だから、専門的知識・技術を持った理学療法士の施術を受けたい場合、主に「病院」に行かなければなりません。肩こりや軽度の腰痛では正直、病院には行きにくいですよね。でも、理学療法士の施術を是非受けていただきたいという思いがあります。

理学療法士の資格を持ったトレーナーは病院からは離れ、医師の指示を受けずに施術を行いますので、法律上「理学療法」は行えません。したがって保険も適用されません。しかし、今まで理学療法士として得た知識と技術でみなさんのお身体に真摯に向きあわせていただきます。

 他、非常勤スタッフで女性トレーナーが2名おります。  他スタッフの取得資格  ・理学療法士・Polestarピラティスインストラクター etc...  大学病院、整形外科での理学療法士として経験豊富なトレーナーです。プロアスリートへのトレーニング指導やリハビリもおこなっています。股関節や膝などに痛みや不安がある方でも安心してトレーニング可能です。御相談ください。

他、非常勤スタッフで女性トレーナーが2名おります。

他スタッフの取得資格

・理学療法士・Polestarピラティスインストラクター etc...

大学病院、整形外科での理学療法士として経験豊富なトレーナーです。プロアスリートへのトレーニング指導やリハビリもおこなっています。股関節や膝などに痛みや不安がある方でも安心してトレーニング可能です。御相談ください。


指導実績(2016年〜2017)※掲載の承諾を頂いた方のみ記載させて頂いております。

<35歳女性・医師>
156cm / 杉並区在住 / 4月3日〜8月30日まで
体重 63kg→52.8kg
体脂肪率 30.9%→24.7%
「患者さんにも自信をもって対応できるようになりました(笑)」

<29歳女性・会社員>
164cm / 西東京市在住 / 5月10日〜10月1日まで
体重 58.1kg→49.0kg
体脂肪率 27.2%→19.9%
「美脚になりたくてお願いしました。一生今の脚でいることがこれからの目標です」

<45歳女性・自営業>
155cm / 武蔵野市在住 / 6月10日〜8月30日まで
体重 68.4kg→59.1kg
体脂肪率 39.9%→31.0%
「5年で蓄えてしまった脂肪が3ヶ月で落とせました。もっと早く始めればよかったです。次は体脂肪率25%切りを目指します。」

<39歳女性・自営業>
155cm / 三鷹市在住 / 4月15日〜9月30日まで
体重 72.0kg→55.3kg
体脂肪率 36.1%→28.0%

<61歳女性・主婦>
154cm / 武蔵野市在住 / 9月10日〜12月28日まで
体重 66.1kg→56.9kg
体脂肪率 34.9%→27.4%

<48歳男性・自営業>

174cm / 西東京市在住 / 5月29日〜10月2日まで
体重 90.1kg→77.2kg
体脂肪率 30.0%→25.3%

<30歳女性・会社員>
157cm / 小金井市在住 / 12月6日〜4月18日まで
体重 62.2kg→55.4kg
体脂肪率 35.8%→27.4%

ダイエットの達成や数字の変化だけではなく、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性などの改善、ご結婚やご懐妊などのお喜びに関わらせていただきました。これらの喜びは、私たちにとっても喜びであり、生き甲斐でもあります。

本当にありがとうございます。